top of page

ハンドバッグデザイン オンラインクラス

Unknown.png

ブランド創設者、兼クリエイティブディレクター、 3Dハンドバッグデザイナー、 30年以上のビジネス経験を持つ中野和代からハンドバッグのデザインを学ぶ 

jpeg Kazuyo 画像.jpg

 バーチャルパターンメイキング、バーチャルソーイング、バーチャルレンダリングができる 

  最先端のソフトウェアCLO3Dのシュミレーション技術を使い

長期にわたり経験することでしか学べなかった

ハンドバッグのデザイン、構造、型紙作りなどを短期間で効率良く学ぶコースです

究極的には、デザイナーの成功は

自分がもつDNAを知り、人と違う自分を創り、

独自の表現スタイルを成立する事にあります、

シュミレーションテクノロジーはその個性的なクリエイティビティをひきだすサポートをします

 
 

実際にサンプル経費が削減され、量産までのデザイン決定期間が短縮がされたデザインの例

私は京都のバッグ製造工場で高度な職人技術と生産知識を8年間学ぶんだ後

長年バッグのデザイン、製造企画開発にかかわってきましたが

此処にきて3Dファッションデザインソフトウエアを企画のプロセスで活用するという選択をしました。

デジタルデータとして制作された2Dの型紙と連動させて

3Dデジタルデータのバッグを制作、3Dモデリングをすることで

サンプル作成をショートカットし、生産効率の向上をさせます。

この最新テクノロジーは縫製仕様や素材物性データ、サイズなどを指示するだけでリアルな3Dモデルの作成を可能にします。

莫大なサンプル経費が削減されるだけでなく、量産までのデザイン決定期間はおよそ半分ほどに短縮が可能となり、

加速する変化のスピードに対応した生産体制を整える事で、機会損失を減らすと同時に生産過剰による廃棄を抑え、

実益とブランドイメージの向上を両立できます。

このテクノロジーは新たな創造力をも生み出し、斬新なデザイン創作のサポートもしてくれます。

テクノロジーの発達によって現物と見分けがつかない程の3Dデータを作成することが可能になった現在、

もはやサンプル作成の工程は必要不可欠なものではありません。

むしろパターン作図と3Dデータ作成が円滑に行われることで

40年間私自身の心を痛め続けていた、また今まで問題とされてきたファッション産業の課題

大量の労働力と天然資源の搾取、低賃金、悲惨な労働環境などを解決することができます。

まさにデジタル革命です!

今後のファッション業界においてこのような3Dモデリングの技術は必須のものとなるでしょう。

私は今までの経験をも含め、この素晴らしいテクノロジーとサステイナブル/エシカルなモノズクリを

次世代に伝えていくのがこれからの目標です。

ハンドバッグデザインコース

フルコース : 24 クラス 48 時間

 初級から中級コース: 12 クラス 24 時間 : 1クラス 2 時間 3 か月

中級から上級コース: 12 クラス 24 時間 : 1クラス 2 時間 3 か月


 

オンライングループレッスン